JAFTA

更新日 2002/12/16


 1.重さの話

 空気銃の弾は英語でペレット(Pellet)と言われていますが、ペレットとは元々何を表す単語な
のでしょうか。 家畜の飼料などペレットと言われることがありますが「粒状のもの」の総称と
してペレットと言うようです。
 因みに辞書を調べてみたら次のように出ていました。

1.小さな球状のもの
2.植物の種
3.丸薬
4.石つぶて
5.猛禽類が消化しきれない骨などを吐き出したもの(吐出物=ペリット)
6.ウサギ、ネズミなどの粒状の糞

 言われてみれば感覚的にこんな物とイメージが湧いて来ます。

 国際的にはメートル法を標準にしていますが銃の世界ではアメリカの勢力が強い(?)の
で未だヤードポンド法がはばを効かせていて、弾や火薬の重さなどはグレインやポンドで表
記されています。

 ヤードポンド法での重さの最小単位がグレインです。

 1グレインの重さはどの位なのでしょうか、メートル法で表すと

   1gr = (0.4536kg/7000) x 1000g ≒ 0.0648g

となります。




 





銃のコラムに戻る