JAFTA

更新日 2003/04/17


  弾の運動エネルギー


1. 銃の性能の一つ

空気銃の性能を表現する要素は色々ありますが、その中の一つとして使用する空気圧が有ります。 使用する空気圧が高ければ弾の初速を速くする能力があると推定出来ます。 それに伴って撃ち出される弾の運動エネルギーも大きいと推定出来ます。

物体の運動エネルギーは速度と質量に依存し増減します。 弾の運動エネルギーもその原則に則っており、同じ銃で同一の空気圧を使っても軽い弾と重い弾では運動エネルギーは違ってきます。

銃のカタログデータ表に載っている弾の運動エネルギーは、使った弾の重さと速度が判らなければ余り意味が無いものですが、銃の特長の一つの目処として見る分には参考になります。

弾の運動エネルギーの単位はジュールであったりキログラムメートル(Kgm)やフットポンド(ft/lbs)であったりします。

どのような単位を使ってもエネルギーが増えたり減ったりする訳ではありませんので、その時々で都合の良い単位を使えば良いでしょう。



2. 運動エネルギーの計算式
        E[Kgm] = (grams * V * V)/19600

        E[ft/lbs]=(grains * V * V)/450240

 計算例

単 位 弾の重さ 速 度 エネルギー
lb/ft   14.3gr   771feet/s E(lb/ft)=14.3*771*771/450240=18.88
Kgm   0.927g   235m/s E(kgm)=0.927*235*235/19600=2.61



発射した弾の運動エネルギーが多いのが良い銃だというわけでは無い事は言うまでもありません。
命中精度が良く取り扱いが簡単で故障が少ない銃が良い銃の基本条件で、付加条件としてエネルギーの多い少ないが考慮するのが良いでしょう。

弾の運動エネルギーは多いが当たらない銃など何の役にも立ちませんし、極めて危険です。

銃の性能を把握し弾との相性を確認し、安全にGun sportsを楽しむためにこの情報を利用して下さい。



 



銃のコラムに戻る